2013年01月31日

「JOC「あくまでも連盟で解決を」 柔道代表暴力問題 」:イザ!


柔道の国内女子トップレベルの選手による指導陣の暴力への集団告発という前代未聞の不祥事。
選手らは全日本柔道連盟(全柔連)の自浄能力を疑問視し、日本オリンピック委員会(JOC)に直接告発文を提出したとみられるが、JOC幹部は30日の記者会見で、「あくまでも連盟の中で解決してもらいたい」との考えを繰り返し述べた。
会見が開かれた東京都渋谷区のJOC本部には多くの報道陣が詰めかけ、硬い表情で現れたJOCの市原則之専務理事らが「心配、迷惑をかけた」と陳謝。
問題発覚後にJOCからの要請を受けた全柔連によるコーチ陣への聞き取り調査が行われたことなど経緯を説明した。
その中で全柔連が選手側への聞き取りを行わずに当事者を処分したことを問題視し、「選手が不安に思ってしまう」として、全柔連に選手側への聞き取りも行うよう求めていることも明かした。
しかし、質疑応答で「選手らが全柔連には解決できないと思ってJOCに助けを求めたのでは」との質問を受けると、「解決能力はある」ときっぱり。
一方、選手らが全柔連に対しても匿名とすることを希望している中で、何度も「どのように全柔連が聞き取りを行うのか」と何度も尋ねられたが「どういう形で進められるのかを検討する」と歯切れの悪い回答を繰り返した。


関連ニュース

「五十嵐に八重樫が挑戦 4月8日トリプル世界戦 ボクシング」:イザ!
「「王座統一したい」佐藤が河野と対戦希望 WBCスーパーフライ級」:イザ!
「大沢のOPBF王座剥奪 1年間の資格停止も ボクシング」:イザ!

パチンコ/パチスロ攻略室
posted by itakura6537 at 02:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

「ハリウッドの“女帝”には逆らえない? SWの新作の監督、1度は固辞したJ・J・エイブラムスに…」:イザ!


ハリウッド映画の金字塔「スター・ウォーズ」(1977〜2005年)の最新作で、2015年に公開予定の「エピソード7」の監督が24日、映画「M:i:III」(06年)や米人気テレビドラマ「ロスト」(04〜10年)を手掛けたJ・J・エイブラムス監督(46)に決まった。
当初「スター・ウォーズ」のライバルで、66年からテレビや映画で親しまれている「スター・トレック」シリーズの仕事に関わっているとの理由で監督就任を固辞していたが、ハリウッドの“女帝”からの強い要請で一転、監督を引き受けることになった。
「私にとって『スター・ウォーズ』のシリーズとは、映画の特殊撮影の概念をぶちこわした初の映画だった…」。
「エピソード7」の製作計画が明らかになった直後の昨年11月、監督就任の噂が出ていたエイブラムス監督は米誌エンターテインメント・ウイークリーに「スター・ウォーズ」への熱い思いをこう語った。
ところが翌12月、英映画誌エンパイアとのインタビューでは、自身が今年5月公開の「スター・トレック」シリーズの最新作「スター・トレック
イントゥ・ダークネス」の監督を務めていることに言及。
「このシリーズへの忠義心もあるし『スター・ウォーズ』のシリーズに関しては(製作側ではなく)単なるファンでいたいので、続編には関わりたくない」と明言、噂を否定した。


関連ニュース

「「火サス」手がけた映画監督の帯盛迪彦氏死去」:イザ!
「【立川志らくの粋々独演会】山田監督の作った世界が正解なのだ」:イザ!
「日本初の女子アナ 1年で退社し9年後年下男性と心中した」:イザ!

コスプレショップ一覧
posted by itakura6537 at 02:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

「【人力全開!アンジャッシュ】ももいろクローバーZな1年 児嶋一哉」:イザ!


去年の僕のプライベートはももいろクローバーZ一色でした。
仕事を終え家に帰ってももクロのDVDを見るのが一番の楽しみでした。
ライブも7回行き、出演した番組もスカパー!やテレ朝動画、Ustreamまでできる限り見ました。
ももクロの魅力はやはりライブです。
彼女たちの2時間、3時間と行われる激しく踊りながら歌うライブ。
最初から最後まで全力のパフォーマンスを見ていると、後半は胸を打たれ泣けてきます。
そして、天真爛漫(らんまん)な無邪気で明るいキャラクターに心を温められます。
同時に芸人の僕はいまさらですが、仲良く楽しそうにしている人を見ると、こっちも楽しくなるんだとか、笑顔の人を見ていると見ている方も笑顔になるなあとか、僕は芸人を20年やっているのに改めて気づかせてもらいました。
■5人とも天真爛漫
れにちゃん、夏菜子ちゃん、杏果(ももか)ちゃん、詩織ちゃん、彩夏ちゃんの5人の個性はそれぞれありますが、とにかく5人とも天真爛漫で明るく、無邪気で裏表がなく、誰にでも分け隔てがないんです。
そんな5人をずっと見ていると、一番好きなところが何周もしてたどり着きました。
5人の人柄が好きなんだと気づかされたのです。


関連ニュース

「Wii U 「王者」は復活するか 任天堂、米で新家庭用ゲーム機発売」:イザ!
「鬼束ちひろ“インパクト十分”2年ぶりシングル」:イザ!
「恋愛ドラマをスマホで体験 フジテレビ」:イザ!

レンタルサーバ比較
posted by itakura6537 at 00:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。